脂肪吸引について知る│大まかな脂肪吸引の流れ

看護師

二重まぶたを手に入れる

カウンセリング

まぶたを埋没法で一重まぶたから二重まぶたにしようとしても、二重のラインがつきにくい場合があります。その理由としては、まぶたに余計な脂肪がついてしまっている原因である可能性が高いです。まぶたに脂肪がついてしまうと、脂肪の厚みで目が小さく見えたり、腫れぼったく見えたりしてしまいます。こうした場合にも脂肪吸引は有効です。様々な部位に対応している脂肪吸引ですが、その中にまぶたの脂肪吸引というものがあります。神戸など多くの美容外科で施術している美容整形で、まぶたの脂肪が多くて厚みが出ている状況を改善し、すっきりとした目元にすることができます。神戸の美容外科で行われているまぶたの脂肪吸引は、通常の脂肪吸引のように管を挿入してから脂肪を吸引するというわけではありません。まぶたの上に小さな穴を空けて、その穴から脂肪を引っ張り出して切除をするといった流れになります。このまぶたの脂肪吸引と併用して埋没法の美容整形を利用することで、より目元のスッキリした二重を手に入れることができます。この方法は埋没法から戻ってしまった場合にも有効となっていて、まぶたの脂肪を減らすことで皮膚が折りたたまれやすくなり、二重のラインがつきやすくなります。合わせて埋没法の施術をする際は、まず上まぶたの脂肪取りを行った後に埋没法の美容整形を行うといった流れになります。埋没法は髪の毛よりも細い医療用の糸を使って二重のラインを作り、まぶたの裏で糸を止めるという美容整形です。神戸の美容外科でもよく行われていて、糸がまぶたに埋まっていくことから埋没法と呼ばれています。自由に二重の幅をデザインできるということから神戸の美容外科でも人気が高く、またメスで切開する必要もないため、プチ整形の感覚で施術を受けることができるのが魅力です。