脂肪吸引について知る│大まかな脂肪吸引の流れ

看護師

ダウンタイムを把握しよう

婦人

美容整形にかぎらず、施術にはダウンタイムというものが存在します。美容整形で行われる脂肪吸引は部位が多く、脂肪吸引のダウンタイムはどの部分の脂肪吸引を受けるかによって大きく変動します。そのため、神戸で美容整形を検討するのであれば、脂肪吸引のダウンタイムは部分別に知っておくとスケジュールの調節がしやすくなります。まずダウンタイムの中でも一番目立ってしまう顔の脂肪吸引から見ていきましょう。顔の脂肪吸引は隠しておくことが出来ない部位ですので、施術後すぐに出社というのは難しい場合が多いです。ダウンタイム自体は1ヶ月近くつづきますが、神戸の美容外科では一般的に見た目が気になるのは施術後2週間までといわれています。メイクでカバーできるようになるのは3~4日目以降となっています。神戸で行われている脂肪吸引の中でも人気の高い二の腕の脂肪吸引は、大部分は衣服で隠すことができますが、むくみが手の甲にまで出てしまう場合が多いです。そのため、ダウンタイム中は腕を使う動作を行う場合には支障が出てしまうこともあります。2週間程度は腫れや青あざ、むくみなどが続きますが、2週間を超えてくるとどんどん改善していきます。しかしながら医師の指示があるため圧迫下着による圧迫は継続していく必要があるため注意しましょう。お腹やウエストの脂肪吸引の場合も、2週間は腫れや青あざなどの外見上目立つ特徴があります。二の腕と同様圧迫下着を使って、1ヶ月ほどは24時間圧迫を続ける必要があります。太ももの脂肪吸引はダウンタイムが一番辛いといわれていて、はじめの2~3日は痛み止めを使っても痛みが出てしまいます。普通に動けるようになるまで1ヶ月ほどかかってしまいますが、はじめの段階から少しずつ頑張って動くようにしておくと、早く普通に動けるようになります。複数例を挙げてもこうした違いがありますので、神戸で美容整形を検討している部位について把握しておきましょう。