脂肪吸引について知る│大まかな脂肪吸引の流れ

美容整形でハッピーをつかもう>
			           
      </div>
	</div>
  </div>
  

</div><!-- end_HEADER -->


  <div class=

脂肪吸引とは何か

女性

プチ整形の人気から徐々に美容整形も一般に浸透してきて、今ではコンプレックスに悩む女性の身近な味方となってきました。その中でも、神戸で人気の美容整形の一つに脂肪吸引があります。脂肪吸引とは、文字通り脂肪を吸引して直接体外に排出することでボディラインを整える施術です。通常のダイエットにはない痩身の魅力として、リバウンドがし辛くなるというところが神戸でも人気の秘訣です。脂肪というのは体内の脂肪細胞が脂肪分を取り入れて大きくなってしまうことで、太って見えるようになってしまいます。ダイエットはこの脂肪細胞が取り込んだ脂肪分を燃焼させることで痩せるのですが、原因の大元である脂肪細胞は燃焼させることはできません。そのため、脂肪細胞がまた脂肪分を蓄えてしまうことによってリバウンドを起こしてしまうのです。しかしながら脂肪吸引は、脂肪細胞ごと脂肪分を体外に排出するため、脂肪分を吸収してしまう脂肪細胞の数を減らすことができます。ですが、この脂肪細胞は完全に居なくなってしまうと肌が筋肉に吸着してしまい、ゴツゴツした肌になってしまいます。そのため、吸引する時は少しだけ残して吸引をします。脂肪吸引は全体的なボディラインを整えるのに非常に効果的ですが、部分痩せの方法としても非常に高い効果があります。例えば、二の腕などの痩せ辛いところでも脂肪吸引は活躍してくれます。二の腕は本来、筋肉が多く太り辛い部位になっています。ですが一度太ってしまうと痩せ辛い場所でもあって、ダイエットをしているか二の腕だけが減らないといった話もよく聞きます。こうした場合には脂肪吸引が最適です。二の腕の大まかな脂肪吸引の流れとしては、まず美容外科で予約を入れるところから始めます。当日になったら美容外科へ来院して、実際に医師とのカウンセリングで脂肪吸引の適性があるか、どれだけ脂肪を吸引することができるかといった事を目視や触診でチェックしてもらいます。費用やリスクについての説明を受けた後は、再度また予約を取って脂肪吸引の施術開始になります。まずは脂肪吸引を行う部分にマーキングを行い、希望通りの二の腕のラインになるように印をつけていきます。あわせて皮膚を切開する部分にもマーキングを行いますが、この時は傷が治った時に目立ち辛い部分を選びます。二の腕の脂肪吸引の際は、元々しわが多くて切開しても目立たない肘を切開することが多いです。マーキングが全て終わると、切開部分に局所麻酔の注射を行います。麻酔が効いてきたタイミングで皮膚を数ミリ切開し、そこから脂肪吸引をしやすくなるチューメセント液と呼ばれる薬液を投入します。そしていよいよ脂肪吸引の開始です。カニューレと呼ばれる細い管のような器具を使い、脂肪を吸引していきます。二の腕は数十分から1時間程度で吸引が完了します。吸引が終わったら最後に傷口を縫合して、施術は完了となります。施術後は吸引して隙間が空いてしまった皮膚がたるんでしまわないよう、専用の圧迫下着を利用して患部を圧迫し続けます。医師の指示通りにダウンタイムのケアを怠らないようにしていき、ダウンタイムの症状が収まったら脂肪吸引全体の工程の終了となります。

失敗しない整形のために

女の人

美容整形のために神戸の美容外科を探す場合は、外科全体ではなくそこに在席している医師で選ぶようにしましょう。複数の症例写真を確認して、仕上がりが安定している医師であれば高い技術力が期待できます。

Read

二重まぶたを手に入れる

カウンセリング

まぶたを脂肪吸引してから埋没法等で二重まぶたにすることで、よりスッキリした二重のラインを美容整形で手に入れることができます。神戸の美容外科でも扱っていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

Read

一般的な美容整形の相場

ドクター

神戸で一般的な美容整形の相場についてご案内しています。美容整形は全額自己負担となるためどうしても高額になりがちです。複数の美容外科でカウンセリングを受けながら、施術を受ける美容外科を決めるようにしましょう。

Read

ダウンタイムを把握しよう

婦人

神戸の美容整形で行っている脂肪吸引は、2週間から1ヶ月前後のダウンタイムが存在します。しっかりと部位ごとのダウンタイムを把握して、施術を行う場合のスケジュール調整に役立てましょう。

Read